運動強度設定法
1.心拍数(HR)による設定

1)最大心拍数の65〜80%(%強度)が目安。世界的には Karvonenの式が用いられている。

 %強度=(運動時心拍数−安静時心拍数)/(最大心拍数−安静時心拍数)×100
 したがって運動時心拍数=(最大心拍数−安静時心拍数)×%強度+安静時心拍数

最大心拍数が測定できない場合は年齢より次式で推定
  HRmax=220−年齢

ほかにも

2.酸素摂取量による設定
1)換気閾値の80〜100%
2)最高酸素摂取量の50〜70%

3.自覚症状による設定
1)病的症状の出現レベルの80%
2)Borg指数の11〜13程度

4.心電図による設定
1)ST変化の出現レベルの80%
2)不整脈発生レベルの80%

など